賃借権について

【サイト説明】

賃借権について初歩的な知識をコンテンツ形式で紹介中!
賃借権 地上権について、デメリットから問題や金利などについてをわかりやすくご覧頂けます!
賃貸借契約に基づいて、賃借人が目的物を使用収益できる権利のこと。
賃借権には賃料や地代が必ずかかり、賃料などを設定しない無償の場合は「使用貸借」ということになる。
目的物が住居の場合、住居の所有者によってその建物に抵当権が設定され、債務不履行により競売などによって住居所有者の変更があっても、賃貸借契約して登記している居住人は賃借権によってその利益を守られ、追い出されるようなことはない。ただし、賃貸借契約に基づく家賃の支払いなどが守られている場合に限る。
賃借権には自由譲渡性はなく、例えば、住居の所有者に断りなく賃借権を第三者に譲渡したり、転貸することはできない。また、賃借権は財産権のひとつにあたるため、契約している賃借人が死亡したりした場合は、賃借権は相続人へ相続されることになる。万が一、死亡した賃借人が家賃を滞納していた場合は、相続人へ賃料債務を請求することができる。

地上権と賃借権の違いについて説明しています。

 賃借権 地上権について
賃借権相続についての説明です。
 賃借権 相続権のデメリット

不動産の賃借人を保護するために行われたものです。

 賃借権 物権化について
地主はと登記請求を認めるのに義務はありません。
 賃借権 対抗要件について

 【おすすめ投資ポータルサイト】